少々存在感が薄いながら純真な女子高生・唯子。ある日、何も知らずに暮らしていた彼女の前に「鬼」が現れ新たな事実が次々と明かされていきます…。 表紙からなんとなく想像した感じよりずっと好感触。 なにくれと世話を焼いてくれる幼なじみの彼は実は唯子を守る為の一族の人間だったり、唯子を狙う鬼であるという青年が当座彼女と協力してくれることになったり、その他アレコレと王道通りの美形キャラに囲まれる設定で進んでいきますが、読んでいてしつこさを感じない、上手な料理の仕方をしてる印象でした。 ストーリーもありがちそうでありながら、ちゃんと全体を考えて組み立ててあるのがそこはかとなく感じられます。急ぎすぎてないというか詰め込みすぎてなくて読みやすいです。 この手の伝奇風漫画ってこの「読みやすさ」が意外と忘れられがちなので今後も大切にしてもらいたいです。 一番良い点は主人公である唯子の、優しくて可愛らしい部分がきちんと描かれていることですね。