自動車を所有している方ならば承知しているものですが自動車税というものの納税義務があります。

そして自動車税は、査定に出すクルマ買い取り時に普通に戻ってくる税金なのです。

これは少しやると簡単に頭に入ってくると思いますがそれでは一つずつ流れを案内します。

あえて補足すれば国産のメーカーの車だけでなく外国の車も自動車税が戻ってくる範囲になってきます。

もちろん所有車などもそうです。

自動車を所有する人が支払うお金ですがそれぞれの排気量の大きさで規定されています。

1リッター以下なら29500円となり、1リッターから1.5リッター以下の場合34500円になります。

その後は500cc刻みで5000円ずつが乗ってきます。

自動車税は4月1日の時点の所有者が、以後一年分の税額を納めるという決まりになっています。

つまりは先払いになるということですから、車を買取してもらって所有者でなくなったケースには先に払った分の税は返還されるのです。

税というのは先払いで今年度のお金を納付しますから、その翌年3月までの間にクルマを売った場合は買い取ったオーナーが自動車税の納付義務を負うということです。

買い取った相手が中古車買い取り専門店であれば引き取り時に所有者が前払いしている分の税金を返還してくれます。

要は、所有権が移った時からの税は新しい保有者が納税義務を負います。

あなたが10月中に愛車を売ったケースでは、11月以降次の年の3月中までの払ったお金は返金されます。

それは前述の通り自動車税という税金は一年分を前払いしているという決まりから来ています。

要は前オーナーは売却相手に税金を返還してもらうということなのです。

個人でクルマを引き取ってもらう際に意外とこのような重要な事実に気付かない方がいますためきちんと忘れないようにすることです。

自動車税という税金はクルマを売却すると返ってくるという知識をほとんど知っている人がいないからと言ってその事実を説明しない悪質業者も存在します。

自分から税金に関して言わなければ完全にそのことについて触れないという場合もしばしば聞きます。

なので車の買い取りを頼む場合は、払いすぎたお金が返ってくることを確認することを怠らないようにしなければなりません。

  • Copyright © 2012 www.exclaimauto.com All Rights Reserved.