車の事故発生した場面で、自分が被害者のケースでも相手が責任をひとつも受け入れない場面は多数存在します。

意識的に起したのではなく不注意でぶつけられた状況などに、こういう口論になってしまう状況がありがちです。

そうであっても、その場所で車のみの「物損」され時間が経って後遺症が現れた際に行った病院の診断書を警察署に提出するのでは対処が遅くなるというのは否めません。

そうであるなら交通事故の過失割合の認定にはどういう風な判断基準が決められているのでしょうか。

細かく言うと警察が認定するのは、主に交通事故の大きなミスが認識されるのはどちらかという内容であって過失の割合ではないのです。

また、決められた事故の過失があった人が警察から公表される事態は有り得ません。

ですので、過失割合は両者のやり取りによって決められた、この事が自動車事故の賠償の算定のベースとなります。

この場面で、両方が任意に加入する自動車保険に未加入の場合は、両者がダイレクトにやり取りを余儀なくされます。

しかし、当然そういう方法では、感情に走ったやり合いになる場合が多いです。

これに加えて、互いの言い分が平行線をたどれば下手をすると、裁判での争いにまで入りますが、これは貴重な時間と裁判費用かなり大きなロスを避ける事ができません。

ほとんど、事故に関係する当事者についている自動車の保険の会社に、こういったお互いの保険会社に協議を全て任せる方法を使って、正しい割合を理性的に決定させます。

そういった場合には自動車保険の会社は、過去の車の事故の裁判の結論から導き出された基準、判例タイムズなどを基に、推定と話し合いを活用して「過失割合」を算定します。

と言いつつも車での事故では、不幸にも関わってしまったのか他者を巻き込んでしまったのかの如何を問わず、真っ先に警察を呼ぶのがルールです。

その後で自動車保険の会社に連絡を取りやり取りをお願いするのが順序になります。

ちゃんとした仕組みさえ分かっていれば当事者同士の堂々めぐりの協議となる事を回避できます。

  • Copyright © 2012 www.exclaimauto.com All Rights Reserved.